一般社団法人和歌山県臨床工学技士会 公式ホームページ

理事長ご挨拶

会員の皆様に於かれましては、いつも当会運営へのご理解とご協力を頂き誠にありがとうございます。
元号が令和となりはじめての理事会及び総会にて承認を頂き、今期より理事長を拝命いたしました。これまでは事務局長として当会の運営の一端を担って来ましたが、諸先輩方が築かれた軌跡や歴代理事長の功績を引き継ぎつぐ立場となり、身の引き締まる気持ちでおります。

近年の臨床工学技士を取り巻く医療の環境は大きく変化しています。日本臨床工学技士会では、臨床工学技士の業務拡大が積極的に取り組まれ、病院での臨床工学技士の職域がより拡大される時代を迎える事が目の前に迫りつつあります。
こうした社会的背景をしっかりと認識しつつも、医療機器管理の専門職としての唯一の国家資格であることを決して忘れる事なく、臨床工学技士が医療の中で必要不可欠な職種として誰もが知る存在となれるよう、一歩ずつ一歩ずつ歩みたいと考えております。当会の運営としては、専門知識を高め、互いの業務を学べる各種専門部会の活動を基本とした学術活動に加え、他団体との連携や渉外活動にも取り組んでいます。特に、当県での災害対策は行政とも密接に連携しながら、当県特有の広域的な地域同士を繋ぐ中で、透析医療や在宅呼吸関連など我々臨床工学技士の役割を広く認識頂ける姿勢も必要かと思います。

技士会活動の基本は会員の皆様お一人お一人の力の集約で成り立ちます。会員の皆様からの学会運営活動へのご参加やご意見を寄せて頂けるよう、身近な技士会運営でありたいと考えております。
私自身も和歌山県臨床工学技士会の一会員として、日々研鑽、精進するよう努力する所存でございますので、当会運営の主役である会員の皆様からのご協力、ご支援を何卒よろしくお願い致します。

一般社団法人 和歌山県臨床工学技士会
理事長  坂本 亮輔

TOPへ